福祉・助け合い・まちづくり-詳細

2009/04/01|活動報告(福祉・助け合い)

医療部会 組合員活動交流集会を開催しました

医療部会 組合員活動交流集会報告

安心のまちづくりとネットワーク
3つの愛 ~出会い・ふれあい・支え合い

 医療部会組合員活動交流集会は、一年に一度、東京の医療生協の交流の場として行われています。今年はメインテ-マを「安心のまちづくりとネットワ-ク」とし、3月14日(土)午後1時から4時30分まで、東京都生協連会館で行われ、10医療生協に加え、地域生協や住宅センターからの参加もあり、130名が参加しました。
前半の東京都生協連伊野瀬専務理事による「東京の生協がめざす福祉のまちづくり」についての講演では、統計的データをもとに、まちづくりをどうとらえるか、福祉コミュニティーとは、など生協が福祉(活動・事業)に取り組む意義や使命、東京都生協連の今後のとりくみなどをわかりやすく話され、単協にとって、今後活動していく上での大きなヒントになりました。 
その後、事例報告として、東京保健生協の「練馬区生協連絡会でのとりくみから」、東京西部保健生協の「杉並での生協加入合同説明会のとりくみ」、実行委員会事務局長から、東京の医療生協の組織状況、地域別認知症サポーター数についての報告がありました。
後半は、「食事会・サロン活動の取り組み」「健康づくりのとりくみ」「300万人対話運動から見えてきたもの」の3分科会に分かれて20演題の報告の後、交流をしました。
今後、「安心して住みつづけられるまちづくり」のネットワ-クをおおいに広げて行き、多くの医療生協が地域生協との連携を深めていくことが期待されます。