福祉・助け合い・まちづくり-詳細

2021/02/05|活動報告(福祉・助け合い)

介護報酬改定学習会を開催

テーマ:2021年度の介護報酬改定の動向と論点
     ~コロナ禍における介護事業継続のための課題と対策~
開催日:2021年2月2日(火)
形式:Zoomを使ったオンライン開催
講師:馬袋秀男様
(株)グッド・シェパード代表取締役 兵庫県立大学大学院経営研究科客員教授
    (一社)全国介護事業者協議会顧問
介護事業所報告 生活協同組合コープみらい
        東京ほくと医療生活協同組合
参加人数:70名

2021年度の改定で0.7%のアップが示されている介護報酬の概要について、馬袋様よりご講演をいただきました。今回の改定の重点となる「感染や災害への対応強化」、「地域包括ケアシステムの推進」、「自立支援・重度化防止の取組みの推進」、「介護人材の確保・介護現場の革新」、「制度の安定性・持続可能性の確保」の各項目をふまえ、全サービス共通、各サービス分野、それぞれに具体的な解説がありました。また、ICTを活用した新しいシステムによる科学的介護推進の今後の課題や、3月に示されるQ&Aをもとにパブリックコメントでの積極的な発信への期待等、多様な視点から全般的にお話をいただきました。
介護事業所報告では、コープみらい本光和子様から「職員の新型コロナウィルス感染 そのときどう動いたか」、東京ほくと医療生協西村祐子様から「コロナ禍の事業運営報告」について、それぞれ報告をいただきました。